シェイパー写真

サイン
逢野 貴広 TAKAHIRO ONO

南紀出身 千葉 一宮にてサーフボード作りを学ぶ。
プロ用のコンペボードからエンジョイサーフィン用のボードやロングボードまで
カテゴリーにこだわらず楽しくサーフボードを作製。

サンディングにラミネート・ブラシから仕上げまで、すべての行程を自社工場にて少人数で製造することで、コンセプトのある筋の通ったボードを低価格でお客さまに提供する事が可能に。一人一人の個性に合ったベストボードを常に削りだす為に
しっかりとした打ち合わせをし、世界に1枚のボードをを手にしてもらう事が重要だと考えてます。

2002年 24歳で初めて自分のボードをシェイプする。
26歳から 千葉某ファクトリーにてシェイプ技術を学び、ラミネート・サンディング・フィンアップなどの全行程を自身でおこないサーフボードへの理解を深める。
2008年作製したボードを使用してプロサーファーダレンターナー選手がJPSAイバラギプロにて優勝し、その年 何度もファイナル進出をはたす。
ハギワラ シュウ/ハギワラミズキ/ナハナタクヤ/ナハナツバサ 等 多数のプロにシェイプデザインする機会を得る。
現在 南紀地方にて 自社工場を立ち上げ 新しいスタイルのサーフボードを考案中。
2011年 新たにダレン・ターナープロをブランドライダーに迎え、多くのコンペティションへ参加している。

逢野貴広 逢野貴広 逢野貴広 逢野貴広

2010年 オーストラリア研修記
2010年 オーストラリア研修記 2010年 オーストラリア研修記